株式会社DaikichiHome

間取りのうっかり失敗

お問い合わせはこちら

間取りのうっかり失敗

間取りのうっかり失敗

2022/05/06

注文住宅を建てる醍醐味は、
外装や内装、そして間取りなど全てを自由に選べることですよね。


失敗しない家づくりの為、しっかり考えて選定する必要があります。
今回は【間取りのうっかり失敗】を具体的にご紹介いたします!

 

①配線・コンセントの失敗例

 

・リビングの照明スイッチが開けた扉の裏にある
・家具の裏側にコンセントがあり使えない
・掃除する際のコンセントが考えられていないので不便、コードレスしか使えない

 

②音・臭いの失敗例


・オープンキッチンのため、匂いや料理の音がリビングに広がる
・寝室が道路側、隣家の駐車場側なので自動車のエンジン音などが気になる

 

③広さの失敗例


・ダイニングを広くするためにキッチンと背面のスペースをできる限りコンパクトにしたが、狭く使いづらかった
・敷地の関係でベランダを狭くしたが、風が強い日は洗濯物が壁に触れてしまう。風のことは想定していなかった

 

④明るさ・温度(熱)の失敗例


・北向き玄関のため結露を考えて窓を設けなかったが、やはり暗くてジメッとする。窓ガラスや換気扇などを設けるべきだった
・開放的な空間にするためにリビングイン階段にしたが、構造上温かい空気は2階に上がってしまい、冬は寒く感じる。夏と冬、両方の対策を考えておくべきだった

 

⑤動線・ドアの開閉方法の失敗例


・浴室を2Fにしたが、子供が泥んこになって帰ってくると、玄関から浴室までの床や階段に砂や泥が落ち、掃除が大変。
・玄関収納の扉がシューズを取る方に開くので一旦玄関に降りなければならないので不便

 

 

その他にもうっかり失敗は多数あります。

構造上の大きなミスではないですが、生活に不便です。


目に見えず想像しにくいので気が回らないことばかりですが、しっかり確認すれば、ほとんどは防げます◎
自分たち家族の生活の仕方、考え方などを伝えながらハウスメーカーと間取りを作っていきましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。